借金と離婚は関係ある?

借金と離婚は関係ある?

借金問題が発端となって、夫婦が離婚に発展してしまうケースも少なくないようです。もちろんその他にも浮気や性格の不一致という原因もあるのですが、借金問題で離婚するケースは多いと思います。

 

ここで正直に話していれば問題ないとは言えませんが、内緒で借金をしていることが相手にばれると大変な事態に発展してしまいます。

 

特に夫が妻に内緒で借金をしていたために、それが妻に発覚して、そのまま解決することなく離婚に至るというケースが多いようです。確かに妻にとって、信頼していた夫が自分に隠れて借金をしていることがわかったら、夫婦間の信頼関係は崩れてしまいます。

 

しかも、妻に内緒でできた借金の理由が、女性絡みの場合にはもっと複雑化しますし、また巨額の借金であった場合には、夫婦間は修復できないことになります。

 

ここで万が一妻の方が許してくれた場合であっても、夫は2度3度同じことを繰り返すことが予想されますので、結局愛想を尽かされて離婚になるそうです。

 

このようの以前は夫が借金をするというのが大半でしたが、ここ最近では妻が隠れて借金をするケースも増えているそうです。初めのうちは、夫の給料も下がり、少額借りて、きちんと返済していたのですが、その過程でストレスがたまり、ショッピングやエステなどに借金をして通う人もいるようです。

 

妻の借金がばれても、いきなり離婚に発展するとは限りませんが、夫婦間の信頼は揺らいでいきます。

 

借金問題はお互いの信頼関係にも関わることですから、どうしようもない状況に陥ることがあれば、内緒にせずに話し合うことが大切ではないでしょうか?